大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


ブログを見てその日に「問い合わせ」そして…

投稿日時:2009/02/10(火) 07:12rss

ブログの記事を読んで、その日に大手の装置開発会社の設計部から営業部宛に
下記のようなベローズの問い合わせがあり、その回答をすると即日注文に…


初めてメールいたします。
、、、、、、で設計を担当しています、、、、と申します。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
当方で必要なモノは、、、、、溶接ベローズを検討しましたが、コストが非常に高く
断念しました。成型ベローズは安価と聞いていましたがバネ定数が高く、、、、、
あまり板厚を薄くして万一クラックが、、、、そんな中、御社 高嶋社長のブログで、
本日、、、、更新の、、、、、、と、2008年、、、、日、更新の、、、、、、動画を見
て、、、、、、、、、、、、、伸縮可能なベローズは成型できるでしょうか?
 、、、、、、、、      

このようなメールが送られてきました。
ブログを見て問い合わせをしてきたと言ってもらえると嬉しいですね。
続けていく勇気をもらえ書き続けなければと思います。



berozurabo

anainin

bnb

it

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
c76aef29bbde4fd40259a8d146f5c6d2.png?1490449208
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

フレキシブルチューブ及びベローズの設計・製造 1980年 6月 日本水道協会検査工場に認定 2000年 2月 ISO9001認証取得 (認証機関 高圧ガス保安協会) 2005年12月 大阪市より溶接技能部門で大阪テクノマスターに認定 2006年...

詳細へ

個人プロフィール

1944年1月生まれ長野県伊那市三元ラセン管工業株式会社 代表取締役ブログ「ベローズ案内人」 運営

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(3213)


バックナンバー

<<  2017年3月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

コメント一覧

最新トラックバック

  • 大阪城リレーマラソンに三元ラセン管工業チームが出場しました! from 新着情報
    3月20日大阪城において42.195キロを1周2キロを21周する大阪城リレーマラソンが行われ、三元ラセン管工業の社員と社員の家族の職場チームとして出場し総合272位、職場チームとして156位でした。 ...
  • キャリア教育の感想文を頂きました。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    先日、大阪府中小企業家同友会のキャリア教育で、大阪府立勝山高校の2年生のクラスに行ってきましたが、その時のグループ11名の感想文が送られてきました。 大学生の感想文、地方の高校生の感想文、大阪市内の高校生の感想文、学校により感想文の内容がかなり違いますね、5月と6月に二つの大学に出講するのでまた違った感想文を読ませてもらえると思います。 こうして感想文を読ませていただくと、出講して少しは役
  • 振動で対応できるチューブがなく困っていた配管を多層ベローズが解消しました。 from 製作実績
    フレキシブルチューブでなく2層ベローズで 振動吸収を解消しました。ベローズ内径162mm 面間350mm 内筒付 JIS10K(150A)フランジ 片側ルーズ ベローズ板厚0.25mmx2層 バネ定数37.1N/mm 使用圧力0.3Mpa...
  • 大阪城リレーマラソンに三元ラセン管チームが走ります。 from 新着情報
    3月20日(月) 大阪城リレーマラソンが行われます。1週2kmのコースを21週たすきをつないで42.195Km走るこのリレーマラソンに社員や社員の家族が三元ラセン管工業の職場チームとして走りましたが、今年も職場チームとして走ります。12日に名古屋で行われる名古屋ウィメンズマラソンにも女子社員が走ります。...
  • キルギスとウズベスキタンから工場見学に来ました! from 新着情報
    公益財団法人 太平洋人材交流センター(PREX)がASEANや中央アジアなどの国のビジネスセンターの研修員や職員の方たちを2008年から連れてこられわが社の人材育成やIT活用について見学して帰ります。今回はキルギスから3名、ウズベキスタンから5名が来られPREXにインターンシップに来ている大阪国際大学の学生さんも同行されました。   ...