大きくする 標準 小さくする

2019年04月02日(火)更新

何かいい事が起こりそう。

平成最後の月初めに全員でダルマの目入れをおこないました。

今年の目標が達成されるよう、右側の目は大きく、左目は3月の創業記念日に大きく目が開くようにように願いを込めて小さな目を入れました。


「万葉集」の「初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」の歌から新元号「令和」が決まったそうです。

「一人ひとりの日本人が明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせる。そうした願いを込めた」と安部首相が述べております。

これは社長の名前が一字入っており、商売繁盛、社運隆盛を祈念したダルマの目入れ、今年は何かいい事が起こりそう。






























































ベローズ案内人の日記
従業員の奮闘日記は         >>>>>>>
三元ラセン管工業のメディア情報  >>>>>>>
Facebookページ ベローズ
Facebookページ 三元ラセン管工業
BMB
ベローズ



<<  2019年4月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30