大きくする 標準 小さくする
次ページ

2010年05月31日(月)更新

展示会最終情報

展示会事務局より初日が17,092名、2日目が19,461名の入場者と発表されました。
最終日はたぶん20,000名は越えていたかもしれません、昨年の展示会は
どこの展示会でも出展社数も入場者数も減少していたと思いますが、今年は一昨年を
超えた入場者を予想しています。

しかし入場者は増えても展示会の逆バージョンで展示ブースに売り込みに来る会社が
多くなっています。



inte

inte

tesuto0
今回も「ベローズ伸縮耐久試験機」を展示ブースに持ち込んで、ベローズの繰り返し
耐久テストを行い、金属でもゴムのように柔らかく金属疲労が起こらないことに驚き
の声を沢山頂きました。

2年前の展示会 >>>> " target="_blank">ベローズ伸縮テスト



黄金のベローズは6月23日から東京ビックサイトで開かれる「第14回 機械要素技術展」
にも出展いたします。


村上紙器工業所の村上さんが撮影した「黄金のベローズ」
さすがプロの腕です >>>> 村上さんのブログ





6月に出展する第14回機械要素技術展での三元ラセン管工業のブース番号は46-18です。

rogo



annaininbana   

it   

bnb  

2010年05月28日(金)更新

展示会2日目は取材や講演の依頼が

展示会初日の来場者は事務局の発表が17,092名だったそうです、2日目も同じ
ぐらいの来場者かもしれません。

我社のブースへも予想以上の訪問者が来て頂きましたが、来月の東京ビックサイトの
機械要素技術展が新規顧客開拓の本番です。

昨日は、日刊工業新聞社の突然の取材や大阪府関連からの取材の申し込み、
講演の申し込みが2件など製品の展示会なのに思いもやらない今回の展示会です。


murakamisann

マイケル・デルに進呈した「黄金のベローズ」を入れるケーズ「貼箱」を
製作してくださった、村上紙器工業所の村上様がベローズの撮影に
村上様のカメラの腕前はプロ並です。


sinbunkizi
今朝の日刊工業新聞の「中小企業総合展」見てある記
コーナーにわが社が紹介されていました!


berozurabo   

annaininbana   

it   

bnb  

2010年05月27日(木)更新

展示ブースに神戸国際大学の中村教授の訪問

この経営者会報で雑誌対談をさせて頂いてからのご縁で大変お世話になっている、
テレビ「世界一受けたい授業」に出演している神戸国際大学経済学部教授
中村智彦様が「中小企業総合展」のわが社の展示ブースに訪問してください
ました。

nakanura


aisiai

日本テレビ「世界一受けたい授業」で紹介された「ふってもたおれてもこぼれない
シリコン製キャップ Kiss」を考案したアイ・シー・アイデザイン研究所さんに中村先生を
紹介するためにアイ・シー・アイデザイン研究所さんのブースにお連れいたしました。

今朝5時のABCテレビでアイ・シー・アイデザイン研究所さんのシリコーン知育玩具が放映
されていました。


アイ・シー・アイデザイン研究所の記事世界一受けたい授業で紹介されました!
社長の日記の記事  世界一受けたい授業


学研教育出版社発行の日本のすごいモノづくり発売前の新刊書(5月29日予定)を中村先生から頂きました!
sinnkansyo
「中小企業総合展」初日の様子

tenzi


tenzi


tenzi


katou
共伸技研の加藤社長さんが「黄金のベローズ」と記念撮影

indo
インドからの来場者とにこやかに我社の高橋営業チームリーダ



本日も展示ブースで皆様のお越しをお待ちしております。
中小企業総合展での三元ラセン管工業のブース番号はG-16です。
tyusyokigyouten

2010年05月26日(水)更新

沖縄から会社見学に

沖縄本島にあるデジタルドルフィンズのユーザーさんでドルフンの販売店でもある
石川文明堂さんが枚岡合金工具さんに訪問の前にドルフィンズのユーザーで
デル・スモールビジネス賞 国内部門優勝、関西IT百撰最優秀賞受賞の我社を
見学したいと言うことで訪問されました。

展示会前日の出展の準備で展示会場に行っているものや、6月から運用が始ま
る新販売管理の作業説明と教育が総務・営業チームで行われており、遠く
沖縄からこられたのに会社説明も充分に行えませんでした。








berozurabo   

annaininbana   

it   

bnb  

2010年05月25日(火)更新

明日の展示会を迎える準備が出来ました!

中小企業総合展の展示ブースを設置している担当者から設置完了の画像が
送られてきました。


tenzi



中小企業総合展での三元ラセン管工業のブース番号はG-16です。
tyusyokigyouten

2010年05月25日(火)更新

「中小企業総合展2010 in Kansai」は明日からです!

tennzikai


明日26日から28日まで、インテックス大阪6号館A・Bゾーンにおいて独立行政法人
中小企業基盤整備機構の主催による「中小企業総合展2010 in Kansai」
開催されます。

三元ラセン管工業では、薄肉の成型ベローズを中心に展示いたします、また
ベローズ耐久試験機を持ち込みベローズの伸縮耐久試験も行っておりますので
ブースにお立寄り頂いて、他社との品質の違いを御覧下さい。

デル株式会社会長 マイケル・デル氏にプレゼントした「黄金のベローズ」
レプリカも展示しておりますので御覧下さいませ。

三元ラセン管工業の展示ブースは6号館Aゾーン G-16 です。


※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player









berozurabo   

annaininbana   

it   

bnb  

2010年05月24日(月)更新

元気な企業に学ぶ「知恵」~小さな会社の小さな工夫が未来を拓く~

りそなグループ主催の朝食懇談会が21日に、ホテル阪急インターナショナルで
開かれ参加してきました。

今回はシンクタンク・ソフィアバンク副代表の藤沢久美様の講演で、いつもの
講演者と違い中小企業の生の声を自ら足で歩いて取材してきた方の講演が聞け
るということで楽しみにしていました。

実は講演の前日にブログで「明日の朝食会は藤沢久美氏の講演」と記事を書い
た事から藤沢久美様が東京から移動中の新幹線の中からツイッターでコメントを
くださいました。 ↓  ↓
ブログにも書いていただき、恐れ入ります・・・。いろんな経営者の方からうかがった
お話をご紹介したいと思っています.よろしくお願いします!


気軽に我々にコメントを返してくれる方とはどんな方なのか、またどんなお話が
聞けるのか大変興味深く会場に30分前に到着しました。


tyousyokuyousyoku
2ヶ月に1回開かれるこの朝食会は毎回400名以上の参加で会場はいつも一杯です。
まずは朝食をいただいてから講演が始まります。


どん底で会社を引き継いだ経営者が何のために存在するのかを追求し続けた
会社がいま勝ち続けている話や、自分で知らないうちに天井を作ってしまっているなど、
中身は書ききれませんが、700社近い会社を訪問し、取材した実例の話で、誰一人
として居眠りもしないで聞き入っていたのは今までの朝食会ではなかったのではと思
うほど400名ほどが話の中に引き込まれていました。

経営者会報の雑誌対談いらい沢山のご縁を戴いているテレビ「世界一受けたい授業」の
神戸国際大学経済学部教授 中村智彦様の話も、話し方は全く違いますが同じ
ように、ものづくり中小企業を沢山訪問しているので講演では引き込まれます。


私もこの話を聞いて15年前に先代から引き継いだときに何をすべきか考え、自社の
強みを情報発信し、ターゲットを絞った経営戦略で量産品の製造卸から、小ロット
受注生産の直販にとビジネスモデルを転換し、ぶれずに進めてきたのは間違いがな
かったとこの講演で改めておもいました。


fujisawa





中小企業総合展での三元ラセン管工業のブース番号はG-16です。
tyusyokigyouten


http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/10/01/smb/index.html



berozurabo   

annaininbana   

it   

bnb  

2010年05月20日(木)更新

緑のカーテンづくり準備出来ました!

わが社の有る大阪市城東区では、ヒートアイランド現象の緩和を目指して、
区民が参加する「緑のカーテン」づくりを行っています。

わが社でも参加しようと先日、事務員さん達がゴーヤの苗を植えたところに
棚を作りました。

私の作った棚で大丈夫だろうか??夏が楽しみです。


tanatukuri


midorinokaten





中小企業総合展での三元ラセン管工業のブース番号はG-16です。
tyusyokigyouten

2010年05月20日(木)更新

明日の朝食会は藤沢久美氏の講演

21日は、ホテル阪急インターナショナルで朝食懇談会が予定されています。
今回は600社を超える全国の中小企業の取材に取り組むシンクタンク・ソフィ
アバンク副代表の藤沢久美氏の 元気な企業に学ぶ「知恵」~小さな会社の
小さな工夫が未来を拓く~
の講演が有ります。

久々の中小企業にとって参考になりそうな話なので真剣に聞いてこようと思ってます。

「なぜ、御用聞きビジネスが伸びているのか」、「子供に聞かせる『お金』の
話」
は日本だけでなく、韓国・中国・台湾・タイなどのアジア各国で読まれているそうです。







中小企業総合展での三元ラセン管工業のブース番号はG-16です。
tyusyokigyouten


第14回機械要素技術展での三元ラセン管工業のブース番号は46-18です。
kikaiyouso




http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/10/01/smb/index.html

2010年05月19日(水)更新

展示商談会活用支援事業の事前講習会に出講してきます。

大阪府商工労働部 商工振興室 経済交流促進課 販路開拓支援グループでは
大阪府内の中小企業で大規模展示商談会を活用して販路開拓を目指す企業さんへ
展示商談会での販路開拓に必要なノウハウ取得の事前講習と出展に対する経費の
補助をセットにして支援しています。

この事前講習会が本日開かれます、そこでリードエグジビションジャパンの方と
展示会成功のポイントと事例をお話させていただきます。


大阪府報道発表 >>>> 大規模な展示商談会を活用して販路開拓をめざす府内ものづくり中小企業を募集 





中小企業総合展での三元ラセン管工業のブース番号はG-16です。
tyusyokigyouten


第14回機械要素技術展での三元ラセン管工業のブース番号は46-18です。
kikaiyouso





http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/10/01/smb/index.html



berozurabo   

annaininbana   

it   

bnb  
次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

フレキシブルチューブ及びベローズの設計・製造 1980年 6月 日本水道協会検査工場に認定 2000年 2月 ISO9001認証取得 (認証機関 高圧ガス保安協会) 2005年12月 大阪市より溶接技能部門で大阪テクノマスターに認定 2006年...

詳細へ

個人プロフィール

1944年1月生まれ長野県伊那市三元ラセン管工業株式会社 代表取締役ブログ「ベローズ案内人」 運営

詳細へ

バックナンバー

<<  2010年5月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

最新トラックバック

  • 青森県八戸市の情報誌UKIPALの4月号に紹介されました! from 新着情報
    2月17日に八戸市で経営者会報ブログとE製造業の会共催による「SNSの時代、社長はいかに情報発信をすべきか」の講演会が行われ、それが 北東北・青森県の人とモノをつなぐ八戸発PRマガジン UKIPAL(ユキパル)4月号に紹介されました。その中で三元ラセン管工業の紹介記事や第2部のパネルディスカッションでパネリストとして参加した高嶋の紹介がされています。    ...
  • 1000℃の排ガスに対応するインコネル製の特殊3層ベローズ from 製作実績
    ベローズ内径87mmx318L 内筒付 片側特殊フランジ・片側パイプノズルが沢山ついた特殊なベローズ 材質ベローズ インコネル625 フランジ、パイプ、ノズル、内筒など全てSUS310S 流体排ガス800℃~1000℃ バネ定数56.9N/mm...
  • 伊那市から白鳥伊那市長一行が会社見学に from 新着情報
    長野県の伊那市役所の白鳥伊那市長、商工観光部長、産業立地推進課長の3名が3月27日から28日の二日間、名古屋・大阪の企業訪問を行っていて、27日に弊社高嶋が伊那市出身ということから会社見学に来られました。 ...
  • 大阪城リレーマラソンに三元ラセン管工業チームが出場しました! from 新着情報
    3月20日大阪城において42.195キロを1周2キロを21周する大阪城リレーマラソンが行われ、三元ラセン管工業の社員と社員の家族の職場チームとして出場し総合272位、職場チームとして156位でした。 ...
  • キャリア教育の感想文を頂きました。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    先日、大阪府中小企業家同友会のキャリア教育で、大阪府立勝山高校の2年生のクラスに行ってきましたが、その時のグループ11名の感想文が送られてきました。 大学生の感想文、地方の高校生の感想文、大阪市内の高校生の感想文、学校により感想文の内容がかなり違いますね、5月と6月に二つの大学に出講するのでまた違った感想文を読ませてもらえると思います。 こうして感想文を読ませていただくと、出講して少しは役