大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


標高2612mの千畳敷カールを散歩してきました。

投稿日時:2013/08/12(月) 17:01rss

今日は中央アルプス駒ヶ岳にロープウェイで標高2612mの千畳敷カールのお花畑まで20年ぶりに行ってきました。

ロープウェイに乗るためには駒ヶ根高原バスセンターから出る「しらび平駅」行きのバスに乗らないといけないので、朝4時起きをして駒ヶ根高原まで車で出かけました。

バスセンターの駐車場は県外車でもう空きがないくらいっぱい、沢山の人たちがバスに乗るために早くから来ていて臨時バスが次から次へと「しらび平駅」に出発するがなかなか順番が回ってきませんでした。

ロープウェイの駅について、普段は30分間隔で運行しているロープウェイもこの時期は8分おきの連続運転ですが1時間ほど待ってようやく乗ることが出来ました。

駒ヶ岳ロープウェイは標高差950mで61人乗りで「しらび平駅」から7分30秒で標高2611,5mの千畳敷駅に着くと目の前は水墨画のような雲海に覆われた南アルプス、晴れていれば富士山も見えるはずだが雲で見えませんでした。

もう少し若ければ宝剣岳、駒ケ岳まで登っていくのですが、この年ではとても無理なので途中まで登ってあとは、高山植物のコバイケイソウやシナノキンバイが咲き乱れる千畳敷カールのお花畑を散策して帰ってきました。

日陰にいるとさすが2700mの標高は寒い、しかし日の当たる場所は暑く、すぐ近くまで猿が来ていたり、雪渓がまだ少し残っているところが見えたりし天気に恵まれ気持ちのいい一日を過ごすことが出来ました。

 
 






インテックス大阪 3号館 展示ブースは18-15です。








北米向け英語動画








annaininbana

MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)バナー




我社の凄腕職人            >>>>>>>
従業員の奮闘日記は         >>>>>>>
三元ラセン管工業の製作実績は  >>>>>>>
三元ラセン管工業のメディア情報  >>>>>>> 
三元ラセン管工業の受賞・認証   >>>>>>>

デル・スモールビジネス賞  三元ラセン管工業 優勝
Facebookページ フレキシブルチューブ
Facebookページ ベローズ
Facebookページ 三元ラセン管工業
Facebookページ シール用ベローズ
Facebookページ   振動吸収・熱膨張吸収用ベローズ

大阪市きらめき企業会
BMBメディアギャラリー














 

 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

フレキシブルチューブ及びベローズの設計・製造 1980年 6月 日本水道協会検査工場に認定 2000年 2月 ISO9001認証取得 (認証機関 高圧ガス保安協会) 2005年12月 大阪市より溶接技能部門で大阪テクノマスターに認定...

詳細へ

個人プロフィール

1961年9月 測量士補試験合格1962年3月 上伊那農業高校林業科卒業1962年3月 パシフィィック航空測量㈱(現 ㈱パスコ)入社1966年5月 セントラル航空測量㈱入社1971年9月 測量士試験合格1976年5月 三元ラセン管工業(現 三元ラセン管工業㈱)入社 2000年1月 三元ラセン管工業株式会社 ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2021年5月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

最新トラックバック