大きくする 標準 小さくする

2017年04月06日(木)更新

加工が難しいインコネル625を若者が加工しています。

最近800℃から1000℃の高温に対応するベローズの要求が増えてきましたが、三元ラセン管工業では1998年9月に開発したインコネル625という材料を使ったベローズで対応しています。

このインコネル625という材料は、カナダのトロントにあるスペシャルメタルズ社(旧INCO社)が開発した材料で、ニッケルとクロームとモリブデンの合金で鉄は2%ほどしか含まれていない材料です。高温から極低温まで優れた機械的性質を持つ、耐食耐熱超合金で、宇宙から原子力、化学装置などに使われています。



しかしインコネル625という材料は加工が難しい材料です。
その加工が難しい材料を古い旋盤を駆使して若者が丸鋼から穴あけ加工をし、それからベローズに組み込む金具を製作しています。

丸鋼から穴あけ加工をした材料、高価な材料も削りくずになる部分のほうが多いです。
201704051042_1-260x0.jpg201704051042_2-260x0.jpg



















第21回機械要素技術展
期日 6月21日(水)~23日(金)
会場 東京ビックサイト


201308220913_1-200x0.jpg annaininbana
グーグルマップ三元ラセン管工業
従業員の奮闘日記は         >>>>>>>
三元ラセン管工業のメディア情報  >>>>>>> 
Facebookページ ベローズ
Facebookページ 三元ラセン管工業
BMB
ベローズ
大阪市きらめき企業会

大阪でいちばん人を大切にする会社づくりに挑戦中



 
<<  2017年4月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30