大きくする 標準 小さくする

2019年08月02日(金)更新

英語の先生の経験がある若者が昨日から製造現場に入りました!

特殊な仕事なので、技能実習生は採用しないし、いままで海外の方を採用したこともありませんでしたが、今回製造部の溶接部員を募集したところハローワークから東南アジアの方を紹介されました。


在留ビザや就労制限、また宗教のことなど全く知らないので、面接までに質問事項や面接時に確認させていただく書類などを調べ面接を行いました。
我社では長く勤めてもらえる方でないと技術を教え込めないので、在留ビザが一番重要でしたが、日本人の奥さんと子供がいて「配偶者等」在留ビザがあり、就労制限などの規制がなく日本人と同じように働くことができる方でした。


凄いのは、現地の大学で英文科を卒業し英語の先生をしていた実績もあり、日本の専門学校で日本語学科を卒業し、日本語能力N2認定を持っていて、三か国語が話せます。
また溶接を学んで日本溶接協会のステンレス溶接専門級、アーク溶接専門級、ガス溶接技術の認証取得者です。


我社の製造技術を覚えて長く勤めてもらえればと思います、わが社では英語力の強いものがいないので、これからのわが社にとっては貴重な存在だと思います。
















第22回関西機械要素技術展
会期:10月2日~4日
会場:インテックス大阪 
6号館A 33-39

「中小企業 新ものづくり・新サービス展」  
会期:11月6日~8日
会場:インテック大阪
 
「新価値創造展2019」 
会期:11月27日~29日
会場:東京ビックサイト

第24回機械要素技術展
会期:2020年2月26日~28日
会場:幕張メッセ







ベローズ案内人の日記
従業員の奮闘日記は         >>>>>>>
三元ラセン管工業のメディア情報  >>>>>>>
Facebookページ ベローズ
Facebookページ 三元ラセン管工業
BMB
ベローズ



<<  2019年8月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31