大きくする 標準 小さくする
前ページ

2020年06月05日(金)更新

バルブや安全弁に組み込まれるベローズ

今日はシール用ベローズの紹介です。

絶対に漏れては困る流体配管に使われるバルブには、バルブの漏れ封止用にベローズを組み込みます。
このベローズをシール用ベローズと呼んでいます。


色々な種類があるシール用ベローズ














ベローズを組み込んだバルブの断面














シール用ベローズでもこんなシャフトシール用ベローズもあります。


















展示会情報
プラントショーOSAKA2020
期 日:7月29日~31日
会 場:インテックス大阪 1号館 1J-21
    地下鉄中央線コスモスクエア下車  シャトルバス(5分110円)1号館前に着きます。







ベローズ案内人の日記
従業員の奮闘日記は  >>>>>>>
三元ラセン管工業のメディア情報  >>>>>>>
Facebookページ ベローズ
Facebookページ 三元ラセン管工業
BMB
ベローズ

2020年05月26日(火)更新

内筒が差し込み式のベローズ伸縮管の紹介

今日のベローズ紹介は、軸方向伸縮軸直角変位を吸収するベローズ伸縮管で、ベローズの内側に内筒(パイプ)を組み込んだ内筒式ベローズ伸縮管の紹介です。


内筒を組み込む理由は、粉体移送などの配管で粉体の摩擦でベローズの消耗を防いだり、流体抵抗を少なくしたり、高温の排ガスが直接ベローズに接しないためなどの為に内筒を組み込みます。
 

内筒式ベローズの場合は、内筒はほとんどがフランジや短管に溶接で取り付けられベローズと一体ですが、この伸縮管は内筒が差し込み式になっています。


 













                                内筒を差し込んだ状態のベローズ






 

150Ax200L JIS10K(150A)片側ルーズフランジ

ベローズ板厚0.3mmx2層 

材質 ベローズSUS316L フランジ・内筒SUS304

設計圧力0.6Mpa 軸方向伸縮±10mm 軸直角変位量±10mm






展示会情報
プラントショーOSAKA2020
期 日:7月29日~31日
会 場:インテックス大阪








ベローズ案内人の日記
従業員の奮闘日記は  >>>>>>>
三元ラセン管工業のメディア情報  >>>>>>>
Facebookページ ベローズ
Facebookページ 三元ラセン管工業
BMB
ベローズ
 

2020年05月21日(木)更新

面間250mmで50mmの伸縮を吸収するベローズ

今日は、化学プラントなどで使われるベローズ伸縮管で、配管の熱膨張をわずか面間250mmで50mmの伸びを吸収するベローズの紹介です。
















ベローズ内径126mm 面間250mm 両端JIS10K(100A)セットボルト付薄肉ベローズ伸縮管

軸方向伸縮量-50mm ベローズ板厚0.2mm 材質 ベローズSUS316L フランジ・金具 SUS304
バネ定数13.0N/mm  






展示会情報
プラントショーOSAKA2020
期 日:7月29日~31日
会 場:インテックス大阪








ベローズ案内人の日記
従業員の奮闘日記は  >>>>>>>
三元ラセン管工業のメディア情報  >>>>>>>
Facebookページ ベローズ
Facebookページ 三元ラセン管工業
BMB
ベローズ

 

2020年05月13日(水)更新

JPIフランジが取り付けられた多層ベローズ

新入社員向け今日のベローズ紹介は、日本の石油業界で多く使われているJPIフランジが取り付けられた-196℃の液化ガス(液体窒素)のプラント配管に使われる多層(2層)ベローズです。


JPIフランジとは:
日本石油学会Japan Petroleum Institute)がASME(アメリカ機械学会)の規格を参考に制定された規格で、JIS規格フランジとは違います。
















ベローズ内径 110mm 面間230L  両端JPI150Lb(100A) フランジ付

ベローズ板厚0.25mmx2層 
バネ定数58N/mm  温度-196℃~+40℃
材質 ベローズSUS316L ラップジョイント・フランジSUS304








展示会情報
プラントショーOSAKA2020
期 日:7月29日~31日
会 場:インテックス大阪








ベローズ案内人の日記
従業員の奮闘日記は  >>>>>>>
三元ラセン管工業のメディア情報  >>>>>>>
Facebookページ ベローズ
Facebookページ 三元ラセン管工業
BMB
ベローズ
 

2020年05月08日(金)更新

液化ガスで使われるローリー用ホース(チャージホース)の溶接

今日は現場で働いている社員の様子を、その家族に知ってもらおうと思いブログに書いてみました。

フレキシブルチューブのアルゴン溶接を担当している社員が、極低温の液化ガスを運搬するタンクローリー車で使われているフレキシブルチューブ(チャージホース)に金具を溶接している姿とチャージホースの解説です。












 極低温の液化ガス(液体窒素、液体酸素、液化アルゴン)などを搬送するタンクローリー車に使われるフレキシブルチューブをチャージホースといいます。

 普通のフレキシブルチューブの外装はステンレス線を編み込んだ線ブレードで覆っておりますが、チャージホースの場合はステンレスのフープ材を籠のように手で編み込んだ板ブレードが覆っています。

極低温の液化ガスは(大気圧力下で沸点が液体窒素‐196℃、液体酸素‐183℃、液化アルゴン‐186℃です。





取り付ける継手はガス会社によって色々な種類があります。








展示会情報
プラントショーOSAKA2020
期 日:7月29日~31日
会 場:インテックス大阪








ベローズ案内人の日記
従業員の奮闘日記は  >>>>>>>
三元ラセン管工業のメディア情報  >>>>>>>
Facebookページ ベローズ
Facebookページ 三元ラセン管工業
BMB
ベローズ
 
«前へ
<<  2020年7月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31