大きくする 標準 小さくする


ステンレスでも錆びます、手入れが必要

投稿日時:2006/04/17(月) 07:49rss

一般的にステンレスは錆びない鋼のイメージが強く全く手入れの必要がない金属であるかのように思われており、ステンレスに少しでもサビがみられると、まがい物のように言われる方もおります。
ステンレスは鉄やアルミニウムより耐食性に優れ、非常に錆びにくい金属ですが、成分はほとんどが鉄です。金や銀のように絶対に錆びない金属ではありません。使用条件や環境によって汚れる事も、錆びる事もあります。
ただステンレスのサビは、ほとんどの場合、塩分の付着や鉄粉の付着による「もらいサビ」であって、初期の段階では、表面にとどまり、内部まで侵食される事はほとんどありません、早い時期なら簡単に除去でき、綺麗な表面に戻ります。それを永いあいだ放置しておくとサビが進行し穴があくこともあります。
このように成らない為にもステンレスといえども時々表面状態をチェックし、汚れやサビの手入れが必要です。

金属でも生きています。

鉄にクロムを添加するとステンレスの地金の表面に緻密で、強固な酸化皮膜がつくられ、鉄の欠点である酸化現象(サビ)を防ぐ働きをします。
この皮膜は、クロム酸化物が主体なので、酸素あるいは硝酸のような酸化剤に対して強い耐食性を発揮しますが、薄くて透明なので、肉眼では識別できません。
この酸化皮膜はキズつけられるようなことがあっても、すぐにステンレスの中に含まれているクロムが周囲の酸素と結合して自分で再生します。
従ってステンレスはサビにくいといわれる秘密は、この酸化皮膜の働きによるといわれています。
ステンレスの表面の酸化皮膜を破壊する原因となる付着物を取除くようにようにすればステンレスは常に美しい表面を保つ事が出来ます。

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

フレキシブルチューブ及びベローズの設計・製造 1980年 6月 日本水道協会検査工場に認定 2000年 2月 ISO9001認証取得 (認証機関 高圧ガス保安協会) 2005年12月 大阪市より溶接技能部門で大阪テクノマスターに認定...

詳細へ

個人プロフィール

1944年1月生まれ長野県伊那市三元ラセン管工業株式会社 代表取締役ブログ「ベローズ案内人」 運営

詳細へ

バックナンバー

<<  2020年12月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメント一覧

最新トラックバック

  • 大阪日日新聞に「働き方」で紹介されました! from 新着情報
    新日本海新聞社 大阪本社が発行している大阪日日新聞の11月25日(月)号の「特集・連載」なにわに生きる~次代につなく~第4部「働き方」①で鍵は把握と分散化と紹介されました。こちらで読むことができます >>>>> https://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/naniwaniikiru/191125/20191125044.html...
  • 全国労働保険事務組合連合会大阪支部会長 表彰を受けました。 from 新着情報
    大阪労働局と一般財団法人全国労働保険事務組合連合会大阪支部の主催による、令和元年度「優良労働保険事務組合等表彰式」が11月26日、KKRホテル大阪で行われ、三元ラセン管工業が、優良委託事業主として表彰されました。...
  • 雇用対策セミナーで事例発表を行います。 from 新着情報
    2021年1月22日に東大阪商工会議所振興部主催の、雇用対策セミナー「市域企業の女性&シニア活用取組事例」で弊社高嶋が「社員が辞めるというまで仕事ができる体制づくり」と題して事例発表を行います。...
  • 12月に入ればカレンダーをお届けいたします。 from ベローズ案内人の情報発信
    大判のフイルムカレンダーの発送準備を現在しておりますので、12月に入ればお届けできると思いますので、しばらくお待ちください。2020年のカレンダーは「日本の風景」でしたが、2021年は「四季の庭園」です。会議室や応接室に飾っていただけると嬉しいです。...
  • 高温の水素ガスでつかわれるベローズ伸縮管 from 製作実績
    ベローズ内径m38mm 面間350mm 両端異径の特殊フランジ軸方向伸縮量-10mm、+30mm バネ定数13.2N/mm 流体 水素ガス...