大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


「私の座右の書」

投稿日時:2006/05/01(月) 12:29rss

1995年先代社長の突然の死でこの会社をどのように経営していけばよいのか迷っていたとき、
本屋さんで出合った本が田舞徳太郎さんの「気づきの成功学」でした。

先日の明治大学の学生さんからの 「起業家になくてはならないものはどのようなものですか?」の質問で私が“それは夢です”と答えておりますがそれにも通じます。

田舞徳太郎さんが「人生は選択だ」と決意することである、「人生は運命だ」と悟りすまし、受身の生き方を選ぶ前に、あえて「人生は選択だ」すべては自分が選び、決めているのだということに気づきなさい。
成功するためには目標を明確にして、「なにがなんでもやり抜くぞ」という意図をしっかり持つこと。意図を持ち続ければ、どんなに苦しくとも成功するための方法は必ず存在すると綴っております。
迷っていた私がこの本より沢山の勇気や自分が何をなすべきかを学びISO9001の取得、ベローズの生産、インターネットの利用と進めるきっかけになりました。

「因縁生起」縁を大切にするなどこの本の中には久米繊維工業株式会社の久米信行社長の「縁者」にも通じることも沢山綴ってあり、私のだいじにしている本の一冊です。

気づきの成功学

トラックバック一覧

  • » 【今週のお題】■私の座右の書■ from 経営者会報ブログ編集部
    今週(4月28日~5月4日)のお題 ■私の座右の書■  経営者の方には読書家が多いことと思います。あまたある愛読書のなかでも、経営に迷ったとき、苦しいときなどにひもと...
  • » 明大生からの質問第4弾は、「子供に商売を継がせるか」 from 経営者会報ブログ編集部
    経営者会報編集部の大西です。ゴールデンウイークに突入しましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。さて、「久米信行さん明大講義に参加する学生さんからの質問」の第4弾に...

コメント


ありがとうございます!

この本が大きなきっかけになったのですね。
どんな本を大事にされているかって、そのかたの人となりが出ますね。失礼ながら、高嶋さんのお人柄や経営に対する真摯な考え方も読者の方によく伝わるのでは、と思いました。
これからも、お題を気にしていただけましたら幸いです。よろしくお願いいたします。

Posted by 編集部・酒井俊宏 at 2006/05/02 11:58:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

フレキシブルチューブ及びベローズの設計・製造 1980年 6月 日本水道協会検査工場に認定 2000年 2月 ISO9001認証取得 (認証機関 高圧ガス保安協会) 2005年12月 大阪市より溶接技能部門で大阪テクノマスターに認定...

詳細へ

個人プロフィール

1961年9月 測量士補試験合格1962年3月 上伊那農業高校林業科卒業1962年3月 パシフィィック航空測量㈱(現 ㈱パスコ)入社1966年5月 セントラル航空測量㈱入社1971年9月 測量士試験合格1976年5月 三元ラセン管工業(現 三元ラセン管工業㈱)入社 2000年1月 三元ラセン管工業株式会社 ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2021年5月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

最新トラックバック