大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


新緑の石山寺に行ってきました。

投稿日時:2006/05/05(金) 11:01rss

京滋バイパスを通るたびにいつか訪れたいと思いながらなかなか寄れなかった紫式部ゆかりの石山寺 思いがようやく遂げられました。
石山寺 新緑  

石山寺は千二百余年の昔、聖武天皇の勅願により、良弁僧正によって開基され三万六千坪におよぶ境内に巨大な天然記念物の珪灰石(花崗岩の熱作用で 石灰岩が編成したもの)がそびえています。
国宝の本堂には、聖徳太子ゆかりの縁結・安産・福徳の霊験あらたかな秘仏や御本尊如意輪観世音菩薩をはじめ、紫式部の長編小説「源氏物語」を執筆した『源氏の間』があり、その他、蓮如上人の遺跡である蓮如堂、国宝の多宝塔など、奈良、平安、鎌倉時代からの文化財が多数伝えられています。

松尾芭蕉も度々訪れ多くの俳句を残しているそうです、また「夜明け前」の作家島崎藤村もこの石山寺に立ち寄り自炊生活を2ヶ月も送って「茶丈記」を書いたそうです。
多宝塔

トラックバック一覧

  • » 射干 from 優雅で感傷的な?MASUろぐ
    射干って読める人っているのかな?もちろん知っている人はいるんでしょうけど、私は長年生きていて先月はじめて知りました。”しゃが”と読みます。花↓の名前です。GWは犬の世話に明け暮れたわけではなく(リンクの記事参照)、石山寺というところに行ってきました。実は、この本の中に”風水の良い場所”ということで、石山寺が紹介されていたのでした。 ↓ ↓「風水」の秘密―大地のパワーで運をつかむ:ゴマブックス御堂 龍児 (著)石山寺(滋賀県大津市) 龍の額の上の部分に建てられている。パーワースポットは本殿後と”穴”のさらに降りた先、寺の下の池。ここの気は涼気でありながらも、活動的な気持ちにさせてくれる。”穴”というのは、敷地の奥の方に八大竜王のお社があるのです。その場所の地形は、まさに風水で言うところの龍穴になっていて小さな丸い池になっています。が、そこまで行く人はほとんどいないようで、webから写真を拝...

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

フレキシブルチューブ及びベローズの設計・製造 1980年 6月 日本水道協会検査工場に認定 2000年 2月 ISO9001認証取得 (認証機関 高圧ガス保安協会) 2005年12月 大阪市より溶接技能部門で大阪テクノマスターに認定...

詳細へ

個人プロフィール

1961年9月 測量士補試験合格1962年3月 上伊那農業高校林業科卒業1962年3月 パシフィィック航空測量㈱(現 ㈱パスコ)入社1966年5月 セントラル航空測量㈱入社1971年9月 測量士試験合格1976年5月 三元ラセン管工業(現 三元ラセン管工業㈱)入社 2000年1月 三元ラセン管工業株式会社 ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2021年5月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

最新トラックバック