大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


【明大生との毎週一問百答】質問第31弾は、「社訓の必要性と効果について」

投稿日時:2006/11/17(金) 07:07rss

<質問>
私は将来、起業を目指すにあたり「社訓」というものについてよく考えています。
そこで、質問です。
「社訓の必要性とその効果」「具体的にどんな社訓を持っていらっしゃるか」
について教えてください。
(明治大学商学部  東原誠さん)


こんにちは!三元ラセン管工業の高嶋といいます。
創業者の場合には社訓は必要ではないでしょうか。私は2代目ですから創業者とは
違う思いや夢があり自分の理念を持って経営しておりますが、創業時の先代の
思いを忘れることの無いように「社訓は」大事にしております。

理念は各部署で始業時に唱和しており、全員で集まるときには社訓、理念と
全員で唱和しております。

syakunn



高嶋 博@ベローズ案内人

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

フレキシブルチューブ及びベローズの設計・製造 1980年 6月 日本水道協会検査工場に認定 2000年 2月 ISO9001認証取得 (認証機関 高圧ガス保安協会) 2005年12月 大阪市より溶接技能部門で大阪テクノマスターに認定...

詳細へ

個人プロフィール

1944年1月生まれ長野県伊那市三元ラセン管工業株式会社 代表取締役ブログ「ベローズ案内人」 運営

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年9月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

コメント一覧

最新トラックバック

  • 女性活躍について勉強会を開いている方たちが会社見学に来られました。 from 新着情報
    女性活躍について、自社の課題を考えようと勉強会を開いている、株式会社大阪ケイオスの会員さんたちが、キャリアアップで正社員になってフレキシブルチューブの製造を行っている、わが社の女性社員と私の話を聞きたいと、11の日に会社見学に来られました。...
  • 広報紙「ベローズ新聞」9月号が発行されました! from 新着情報
    「ベローズ新聞」9月号Vol.8で、新人のアンドリー君とインターンシップ生を取り上げた特集記事が広報デザイン室から発行されました。アンドリー君はインドネシア生まれで、インドネシア語、英語、日本語の三か国語を話せ、英文科を卒業して英語の先生をしていた経歴をもち、いま製造現場で溶接の勉強中です。...
  • インターンシップが終わりました! from 新着情報
    ものづくりに興味を持ち、三元ラセン管工業にインターンシップを申し込んできた、大和大学政治経済学部の2回生の山脇君が8月22日から10日間のインターンシップを行っておりました。9月4日に素晴らしいプレゼンを行い10日間のインターンシップが終わりました。...
  • 今年もインターンシップが始まりました! from 新着情報
    8月22日から9月4日までの10日間のインターシップが始まりました。昨年までは、近畿大学経済学部の学生さんでしたが、今年は大和大学政治経済学部から1名やってきました。ものづくり企業の営業活動から製造、検査、納品まで10日間勉強をしていただき、最終日に社員の前でプレゼンをしていただきます。...
  • 関西機械要素技術展のブース番号が決まりました! from 新着情報
    10月2日からインテックス大阪で開催される、第22回関西機械要素技術展のへの三元ラセン管工業の小間番号は、6号館 A 33-39に決まりました。詳細については、配置図が公開されましたらこちらに掲載させていただきます。予定表の片隅にでも入れておいてください。招待状につきましては、準備でき次第また発送させていただきます。第22回関西機械要素技術展会期:10月2日~4日会場:インテックス大阪 6号館A 33-39...