大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


田舎で眠っていた手あぶり火鉢が植木鉢に

投稿日時:2007/01/31(水) 07:17rss

田舎の家を整理していて小さい頃に使用していた陶器の火鉢と彫金を施した
金属製の火鉢が出てきたのでインテリアをかねて植木鉢のカバーとして使お
うと持ち帰りました。
昔は人よりのときなどによく使われていたのを思い出します。

火鉢は平安時代の頃から使われており、炭を使うので煙が出ない為に部屋
の中での暖房にいまのストーブのような使われ方をしていたみたいですね。

hibati

こちらにも訪問してみてください
↓     ↓
高嶋博@ベローズ案内人


トラックバック一覧

コメント


川´_U`)<オハヨウザマス♪

田舎の火鉢いいですね^^
素敵なインテリアになりますよ^^

アンテックが流行っていますもの!

捨てる前に考える・・・いいことですね^^

Posted by ももリン at 2007/01/31 11:11:00 PASS:

ありがとうございます。

コメント有難うございます。

母の思い出の箪笥と共に
田舎からもって来ました。

Posted by 高嶋博 at 2007/01/31 12:19:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

フレキシブルチューブ及びベローズの設計・製造 1980年 6月 日本水道協会検査工場に認定 2000年 2月 ISO9001認証取得 (認証機関 高圧ガス保安協会) 2005年12月 大阪市より溶接技能部門で大阪テクノマスターに認定...

詳細へ

個人プロフィール

1961年9月 測量士補試験合格1962年3月 上伊那農業高校林業科卒業1962年3月 パシフィィック航空測量㈱(現 ㈱パスコ)入社1966年5月 セントラル航空測量㈱入社1971年9月 測量士試験合格1976年5月 三元ラセン管工業(現 三元ラセン管工業㈱)入社 2000年1月 三元ラセン管工業株式会社 ...

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(4350)


バックナンバー

<<  2021年4月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメント一覧

最新トラックバック