大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


台北の旅(2) 台湾高速鉄道(台湾新幹線)

投稿日時:2008/06/03(火) 07:05rss

東海道・山陽新幹線の700系をベースに川崎重工が車両を製造した
台湾高速鉄道(台湾新幹線)が昨年1月に開通した。

最高時速350キロと日本の新幹線よりも早く、在来線で約4時間かかる台北から
高雄(345キロ)を1時間40分で行くことが出来ます。

そこで台北から2駅目の桃園まで26分間ですが試乗してきました。
横揺れも少なく快適な乗り心地です。
料金も台北~高雄(東京~名古屋ぐらい)で自由席が1070元(日本円で
3750円ぐらい,東京~名古屋自由席は6090円です)日本に比べるとかなり安いです。
sinnkansen

12両編成 全車禁煙 6号車がグリーン車、9~11号車が自由席です。
車内販売ではアルコールの販売はしておりませんが飲むのはOKだそうです。
指定席は空いておりましたが自由席は満員です。
taiwansikansen

                       新幹線切符です。
sinkansen1 sinkansenkipu





bnb

berozurabo

トラックバック一覧

  • » 台北の旅(2) from ベローズ・ラボ ☆ベローズ案内人☆
    台北の旅(2)台湾高速鉄道(台湾新幹線)の記事はこちら…社長の日記▼経営者会報ブログ社長の日記▼近畿経済産業局 関西の元気企業100社に▼三元ラセン管工業▼ビジネスマッチングブログBMB

コメント


勘違いしそう

5列シートの車内の写真だけを拝見すると,JR と間違いそうですね。
中国には2度の出張経験がありますが,まだ,台湾に行ったことはないのです。
料理も安くてうまいと聞いているので,機会があればと思っていますが。

Posted by ちかま at 2008/06/03 11:10:00 PASS:

殆ど同じですよ!

ちかまさん
おはようございます。
内装も殆ど同じです。
是非機会があれば行って見たらどうでしょうか
日本語が通じて外国の気分は余りありませんが。

いいところですよ。

Posted by 高嶋 at 2008/06/04 07:16:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

フレキシブルチューブ及びベローズの設計・製造 1980年 6月 日本水道協会検査工場に認定 2000年 2月 ISO9001認証取得 (認証機関 高圧ガス保安協会) 2005年12月 大阪市より溶接技能部門で大阪テクノマスターに認定...

詳細へ

個人プロフィール

1961年9月 測量士補試験合格1962年3月 上伊那農業高校林業科卒業1962年3月 パシフィィック航空測量㈱(現 ㈱パスコ)入社1966年5月 セントラル航空測量㈱入社1971年9月 測量士試験合格1976年5月 三元ラセン管工業(現 三元ラセン管工業㈱)入社 2000年1月 三元ラセン管工業株式会社 ...

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(4397)


バックナンバー

<<  2021年6月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント一覧

最新トラックバック