大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


今月のお題 ■自社が「自助独立」したとき■

投稿日時:2008/10/27(月) 07:23rss

先代が1974年大阪城東区で創業した時から20年ほど、フレキシブルチューブを
同業者への製造卸専門にやってまいりました。

創業当時はフレキシブルチューブが製鉄、造船、石油プラントなどの設備に
大量に使われ始め、我社の製品に継手を溶接し販売する小さな会社が沢山
誕生し、急速に会社が伸びてきました。

そのおかげで、我社も創業から10年ほどは競争相手もなく営業経費もかけずに
売上が伸びてまいりましたが、販売先が力をつけてくるにしたがい、
自社でフレキシブルチューブの一貫生産する会社や、新しい設備で安い
フレキシブルチューブの製造をし、販売をはじめる会社が出てきて、価格競争が
始まりました。

古い機械で生産していた我社は価格競争に負け、販売先や売上減少が続く中、
先代が急死、このままではもう先がないと、自力で営業をしていかなくてはと、
経営改革を進めました。

売上の70%以上を数社で占めているため、なんとしてでも売り上げの分散を、
それを行うには卸をやめて直販しか生きる道はないと、人材育成、全員での
ISO認証取得、新製品開発と、相談する所も知らず、知り合いもなく、自社だけで
進めてきました。

ISOのコンサルタントなしで認証取得した事が、新聞で紹介されたことがきっかけで、
展示会に出展をはじめて、集客し製品の技術の高さをPRし、ブログ、Webによる
「行かない営業」でネット受注の成功になりました。

先代の亡くなった危機感から、ビジネス戦略、マーケティングの改革、
新製品開発と経営改革が出来、思いも依らない、いい結果が生まれましたが
一番のきっかけは、ベローズという製品に出会えた運が、私や会社を
大きく変えてくれたと思います。




berozurabo

anainin

bnb


it

itkeieizitusenrogo

トラックバック一覧

コメント


ご寄稿ありがとうございます!

高嶋さん


酒井です!
ご寄稿ありがとうございました。

まさにすべて自社で、手作りで、
というところが、御社の強さであり、
他社にとっても参考度の高い、
大きな特長ですね。

ありがとうございました!

Posted by 酒井俊宏 at 2008/10/27 11:49:00 PASS:

酒井さん

酒井さん
いつもお世話になっております。

異業種の方たちともっと以前に交流しておれば
こんなに回り道をしなくても済んだと思います。

有り難うございます。

Posted by 高嶋 at 2008/10/27 14:03:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

フレキシブルチューブ及びベローズの設計・製造 1980年 6月 日本水道協会検査工場に認定 2000年 2月 ISO9001認証取得 (認証機関 高圧ガス保安協会) 2005年12月 大阪市より溶接技能部門で大阪テクノマスターに認定...

詳細へ

個人プロフィール

1961年9月 測量士補試験合格1962年3月 上伊那農業高校林業科卒業1962年3月 パシフィィック航空測量㈱(現 ㈱パスコ)入社1966年5月 セントラル航空測量㈱入社1971年9月 測量士試験合格1976年5月 三元ラセン管工業(現 三元ラセン管工業㈱)入社 2000年1月 三元ラセン管工業株式会社 ...

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(4426)


バックナンバー

<<  2021年7月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック