大きくする 標準 小さくする


刃物を研ぐ練習

投稿日時:2009/04/23(木) 07:09rss

一人前の職人になるためには昔は刃物を研ぐ事からと大工の見習いは、毎日カンナを
研ぐ事が仕事でした。
しかし最近は工具の発達で刃物を研ぐという作業がなくなり、刃を取り替えるように
なっています。

工場の旋盤も同様バイトを研ぐ事がなくなっていますが、しかしもの作りの伝承には、
基本から指導していく事が必要です、バイト研ぎの指導用のサンプルを工場で写真に
撮ってきました。



hamonodukuri


hamonodukuri1


初めての作業だと皆こんなものなんでしょうね(これでは切れません)これは日々
練習するしかありません。
sanpuru

職人さんのサンプル 綺麗なRに研がれていて見ただけで切れそうです。
sannpuri1

10年後、20年後にも、また次の世代にもの作りの基本を伝えていけるように、社内
でもなくなっている「火作り」や「焼入れ」なども、今職人さんのいる間に習得させる
事を考えていかなくてはいけないですね。

私は職人ではないんですが家の包丁は研ぎます、ボツボツ研がなくては。


 it

三元ラセン管工業㈱
ベローズ案内人
フレキ&ベローズ
ベローズ
BMB
三元ラセン管工業
ロゴ

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

フレキシブルチューブ及びベローズの設計・製造 1980年 6月 日本水道協会検査工場に認定 2000年 2月 ISO9001認証取得 (認証機関 高圧ガス保安協会) 2005年12月 大阪市より溶接技能部門で大阪テクノマスターに認定...

詳細へ

個人プロフィール

1961年9月 測量士補試験合格1962年3月 上伊那農業高校林業科卒業1962年3月 パシフィィック航空測量㈱(現 ㈱パスコ)入社1966年5月 セントラル航空測量㈱入社1971年9月 測量士試験合格1976年5月 三元ラセン管工業(現 三元ラセン管工業㈱)入社 2000年1月 三元ラセン管工業株式会社 ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2021年5月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

最新トラックバック