大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


ベローズがいっぱい!!大阪府立産業技術総合研究所の見学

投稿日時:2009/06/13(土) 07:15rss

経済産業省の「ものづくり中小企業製品開発等支援補助金」支援事業の申請に
必要な同意書をいただくための相談に、和泉市にある大阪府立産業技術総合研究所まで
行ってきました。

skenzyou


昼の時間に走ったので1時間で到着、1時からの始まりに間に合い並ばずにOK
それにビジネスマッチングBMBでお世話になっている袖岡様が受付におり
緊急支援の相談でごった返しているところを、係りの方たちに話をしていただき
大変助かりました。

同じくビジネスマッチングBMBでお世話になっている、中西様には溶接ベローズ、
成型ベローズ、真空用フレキ
が沢山ついている真空装置の機械が沢山ある部署の
見学をさせていただきました。
sinkuusouti1

sinkuusouti2

sinkuusouti3

sinnkuusouti4

sinkuusouti5

yousetuberllows



berozurabo

annaininbana

it

bnb

トラックバック一覧

コメント


分析・計測装置では一杯使われていますよ

木下です。

ベローズは分析・計測装置では
一杯使われていますよ。
特に真空の必要な時には必ず使われています。

3番目の写真で真空ポンプの置かれている床と
そこからフレキシブルチューブが置かれている床が別れているのが確認できると思いますが、精度の高い分析を行う為には振動はノイズの発生源になるので計測機器等は防振台の上に置かれたりします。
しかし、真空ポンプは原理上振動を伴う物が多いので一緒に防振台に載せるわけには行かない。そこでその接続部にフレキシブルチューブが使われることになります。

此処に貴社の多層薄膜ベローズを使用すれば
機器側に伝える振動を低減し精度の高い分析に寄与することが出来ると思います。

その辺りの防振効果の差を計測してHPに載せるなどすればまた利用・応用範囲が広がるかもしれませんね。

Posted by kino at 2009/06/13 09:22:00 PASS:

ありがとうございます。

木下さん

いつもアドバイスを頂ありがとうございます。

実際に使われている所をお客様に
見せていただくことは少ないので
大変勉強になりました。


次回のオフ会も東京の展示会で出席できません
またお会いできるのを楽しみにしています。

Posted by 高嶋 at 2009/06/13 10:04:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

フレキシブルチューブ及びベローズの設計・製造 1980年 6月 日本水道協会検査工場に認定 2000年 2月 ISO9001認証取得 (認証機関 高圧ガス保安協会) 2005年12月 大阪市より溶接技能部門で大阪テクノマスターに認定...

詳細へ

個人プロフィール

1961年9月 測量士補試験合格1962年3月 上伊那農業高校林業科卒業1962年3月 パシフィィック航空測量㈱(現 ㈱パスコ)入社1966年5月 セントラル航空測量㈱入社1971年9月 測量士試験合格1976年5月 三元ラセン管工業(現 三元ラセン管工業㈱)入社 2000年1月 三元ラセン管工業株式会社 ...

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(4394)


バックナンバー

<<  2021年6月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント一覧

最新トラックバック