大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


関西サイエンスフォーラムの理事に選任されました。

投稿日時:2015/06/27(土) 20:04rss

関西経済同友会の中にあり、関西電力株式会社顧問の秋山喜久氏が会長を務め、我が国及び関西における科学技術の振興や活動の推進を目的に活動している関西サイエンス・フォーラムの通常総会が26日に中之島センタービルで開かれました。

平成26年度の監事のため総会で会計監査報告をしなくてはいけないという事と、今年は総会において理事に選任されるということで東京ビックサイトの第19回機械要素技術展の最終日ですが、若者二人に展示会は任せて朝一番の新幹線に乗って総会に駆けつけました。

26年度の監事として総会で26年度の会計報告をさせていただきました、その総会で今年度の理事に選任され総会後の理事会に出席させていただきましたが、関西サイエンス・フォーラムの理事というのは近畿の知事や大学の学長や総長それに関西を代表する企業の会長や社長さんなどが名を連ねていて、本当に私でいいのかと思う理事会です。

その後、記念講演会が開かれ深田地質研究所客員研究員である都司 嘉宣(ツジ ヨシノブ)氏の「大阪を襲う将来の南海地震に備えて~古文書に見る関西の地震被害~と題して講演が行われました。

南海地震の最も古い事例は684年で100年に一度の割合で巨大地震が発生しており、大阪での南海地震による被害は揺れによる被害より津波による被害のほうが大きいそうです。
また最後に言っていたことは地震が起きて水や食料がなくて亡くなった方はほんのわずかで、建物などの下敷きになってなくなるほうがはるかに多いそうです、備えは水や食料ではなく建物だそうです。

















annaininbana
 



従業員の奮闘日記は         >>>>>>>
三元ラセン管工業のメディア情報  >>>>>>> 
Facebookページ ベローズ
Facebookページ 三元ラセン管工業
BMB
大阪市きらめき企業会

大阪でいちばん人を大切にする会社づくりに挑戦中










 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

フレキシブルチューブ及びベローズの設計・製造 1980年 6月 日本水道協会検査工場に認定 2000年 2月 ISO9001認証取得 (認証機関 高圧ガス保安協会) 2005年12月 大阪市より溶接技能部門で大阪テクノマスターに認定...

詳細へ

個人プロフィール

1961年9月 測量士補試験合格1962年3月 上伊那農業高校林業科卒業1962年3月 パシフィィック航空測量㈱(現 ㈱パスコ)入社1966年5月 セントラル航空測量㈱入社1971年9月 測量士試験合格1976年5月 三元ラセン管工業(現 三元ラセン管工業㈱)入社 2000年1月 三元ラセン管工業株式会社 ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2021年5月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

最新トラックバック