大きくする 標準 小さくする
  • ブログトップ
  • 展示会情報
  • 東京オリンピックで東京ビックサイトが使えなくなることで日本展示会協会が公式声明文 第2号を発表

«前の記事へ 次の記事へ»


東京オリンピックで東京ビックサイトが使えなくなることで日本展示会協会が公式声明文 第2号を発表

投稿日時:2016/04/12(火) 07:08rss

2020年に東京オリンピックが開催されることにより、東京ビックサイト全館がメディアセンターとして使用されることから、1年間東京ビックサイトで展示会が開催できなくなりました。

その対応について昨年から署名運動が行われていて、わが社も署名をさせていただいたお礼メールが送られてきました。


各位

先般は2020年 展示会場問題に関する賛同署名にご協力くださり、誠にありがとうございます。

ご存知の方も多いと存じますが、この問題に対し、東京都は2016年2月23日に「仮設展示場の新設」等の改善策を発表し、問題は当初に比べて軽減されました。
この背景には、貴方様を含めた6万7千を超える方々の賛同者の方々の声も、大きな力になったと私どもは考えております。

一方、2020年4月からの7か月間は、ビッグサイト全館がメディアセンターとして使用される計画には変更がなく、日展協会員をはじめ、出展社、来場者など多くの関係者は依然として危機感を覚えております。
そのため、私ども日展協執行部は、関係者の切実な思いを一つにまめ、世の中に訴えるために、「公式声明文 第2号」の準備に鋭意取り組んでまいりました。

関係各所への説明や調整、それを受けての文章の推敲に正味40時間以上を費やしてまいりましたが、ようやく日展協のホームページに正式に発表いたしましたので、
ここにご報告するとともに、下記から声明文をご一読いただきますようお願いいたします。

■日展協 公式声明文 第2号
http://www.nittenkyo.ne.jp/image/160408_petition_ja.pdf



なお、昨年からの署名活動は引き続き継続してまいります。
(署名サイト: http://www.nittenkyo.ne.jp/article/15247894.html

署名活動の趣旨は変わらず「オリンピックの成功と同時に、全展示会が例年通り開催できること」を請願するものですので、すでに署名をくださった方は、改めて署名する必要はありません。まだの方は、この機会にぜひご署名をお寄せいただきたく、周りの方々に広く周知・拡散いただければ幸いです。

日展協執行部は今後も問題解決のために全力を挙げてまいりますので、引き続きのご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。

2016年4月11日

一般社団法人 日本展示会協会
会 長 石積 忠夫
副会長 越野 滋夫 荒井 一則 松井 高広 梶原 靖志
他 理事・監事一同

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

























会期:2016年6月22日~24日
会場:東京ビックサイト 
西4-59







会期:2016年6月29日~7月1日
会場:ポートメッセなごや



 annaininbana
グーグルマップ三元ラセン管工業
従業員の奮闘日記は         >>>>>>>
三元ラセン管工業のメディア情報  >>>>>>> 
Facebookページ ベローズ
Facebookページ 三元ラセン管工業
BMB
大阪市きらめき企業会

大阪でいちばん人を大切にする会社づくりに挑戦中











 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

フレキシブルチューブ及びベローズの設計・製造 1980年 6月 日本水道協会検査工場に認定 2000年 2月 ISO9001認証取得 (認証機関 高圧ガス保安協会) 2005年12月 大阪市より溶接技能部門で大阪テクノマスターに認定...

詳細へ

個人プロフィール

1944年1月生まれ長野県伊那市三元ラセン管工業株式会社 代表取締役ブログ「ベローズ案内人」 運営

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年10月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメント一覧

最新トラックバック

  • プレス技術の11月号「逸品 成形事例」に投稿 from 新着情報
    弊社の高嶋が、2018年1月号の「特集」加工領域を広げるチューブフオーミングに執筆させていただいたことがある、日刊工業新聞社が発行している塑性加工の総合専門誌「プレス技術」の2019年11月号にまた執筆させていただきました。今回は、「連載」元気なプレス/板金加工メーカーの"逸品"成形事例集に「絞り加工技術で実現する、加工後に熱処理が不要の超深絞りベローズ成形」と題して、掲載されています。「プレス技術」2019年11月号  >>>>> http://pub.nikkan.co.jp/magazines/detail/00000900 ...
  • 宮崎県機械技術センターに出講します。 from 新着情報
    宮崎県延岡市にある、宮崎県機械技術センターの主催による「ものづくりセミナー」において11月19日に「町工場の変革と挑戦」~既存市場から競争のないブルー・オーシャンへ~と題して、弊社の高嶋が講演いたします。...
  • PREX様がベトナムの方たちを連れて会社見学に来られました。 from 新着情報
    中南米や中央アジアの国々の研修員の方たちに、ビジネス実務研修を行っている公益財団法人 太平洋人材交流センター(PREX)様が、今回は関西の中小企業で2年以上働いていているベトナム人リーダー育成研修に参加しているにベトナム人の方たちを連れて、我社の人材育成を聴きに来られました。弊社の高嶋がベトナム語のレジメを使って、会社紹介とわが社の人材育成について語り、その後工場見学が行わました。...
  • 関西機械要素技術展のブース配置図です。 from 新着情報
    インテックス大阪において10月2日から4日まで開催される、第22回関西機械要素技術展にベローズを出展いたします。わが社の展示ブースは6号館A 33-39     (6号館入口を入って真直ぐ右側です。)...
  • 女性活躍について勉強会を開いている方たちが会社見学に来られました。 from 新着情報
    女性活躍について、自社の課題を考えようと勉強会を開いている、株式会社大阪ケイオスの会員さんたちが、キャリアアップで正社員になってフレキシブルチューブの製造を行っている、わが社の女性社員と私の話を聞きたいと、11の日に会社見学に来られました。...