大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


なぜタンクの根元に金属製のフレキシブルチューブが使われるのか。

投稿日時:2020/04/22(水) 07:05rss

社内の若い人たちにタンクの根元に取り付けられているフレキシブルチューブの歴史について知ってもらおうと昨日テレワークで纏めたことをブログに書いてみました。

東京オリンピックが開催された56年前の昭和39年6月16日(1954年)、新潟で地震が発生し、タンクが倒れ143基の石油タンクが延焼、その後12日間火災が続いた歴史上最大の石油コンビナート災害でした。














当時のタンクの根元には、ほとんどゴムホースが使われていたため、火災発生でゴムホースが燃えて石油に火がつきタンク火災が発生し二次災害となりました。
ところが金属製のホースが取り付いていたタンクは被害が発生しなかったことから、消防法でタンク根元には金属製のホースを取り付けるようになりました。
















その後1981年(昭和56年)に消防法で基準が決められ現在の消防法評定品の基がきめられました。


液体の危険物を貯蔵または取り扱うタンクと配管の結合部には、地震対策用可撓継手を使用するよう義務づけられており、"消防危第20号"にてその可撓継手(かとうつぎて)の構造、性能について詳細規定されております。

















展示会情報
プラントショーOSAKA2020
期 日:7月29日~31日
会 場:インテックス大阪









ベローズ案内人の日記
従業員の奮闘日記は  >>>>>>>
三元ラセン管工業のメディア情報  >>>>>>>
Facebookページ ベローズ
Facebookページ 三元ラセン管工業
BMB
ベローズ
 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

フレキシブルチューブ及びベローズの設計・製造 1980年 6月 日本水道協会検査工場に認定 2000年 2月 ISO9001認証取得 (認証機関 高圧ガス保安協会) 2005年12月 大阪市より溶接技能部門で大阪テクノマスターに認定...

詳細へ

個人プロフィール

1961年9月 測量士補試験合格1962年3月 上伊那農業高校林業科卒業1962年3月 パシフィィック航空測量㈱(現 ㈱パスコ)入社1966年5月 セントラル航空測量㈱入社1971年9月 測量士試験合格1976年5月 三元ラセン管工業(現 三元ラセン管工業㈱)入社 2000年1月 三元ラセン管工業株式会社 ...

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(4426)


バックナンバー

<<  2021年7月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック