大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


手の痺れが左半身不随に

投稿日時:2013/05/08(水) 16:33rss

ちょうど1年前の連休中の出来事ですが、酒も一滴も飲まない41歳の若者が家で風呂に入っていて手のしびれを感じ奥さん(看護師)にこのことを言うと、手のしびれはおかしいとすぐに近くの病院に歩いて行ったそうですが、病院につくと脳梗塞が始まっているということで救急車で脳外科病院に搬送されたそうです。

ところが搬送中に意識もなくなり気が付いたときにはベットの中で左手、左下半身が動かなくなっていて本人は何が起こったのか解らなかったそうです。

それから丸1年、必死でリハビリを行ったが症状は回復せず、杖を突いて何とか時間を掛ければよちよち歩くことはできるが左手は動かず、社会復帰は無理の状態で医者からはこれ以上の回復はないという事でやむを得ず退職することになりました。

毎年会社で行っている健康診断でも何も異常がなく、風邪ひとつひかなかった若者が、こんなことになってしまう事があるんですね。
たかが手のしびれと思わず気を付けましょう。





北米向け英語動画



従業員の奮闘日記は         >>>>>>>
三元ラセン管工業の製作実績は  >>>>>>>
三元ラセン管工業のメディア情報  >>>>>>> 
三元ラセン管工業の受賞・認証   >>>>>>>









Facebookページ フレキシブルチューブ
Facebookページ ベローズ
Facebookページ 三元ラセン管工業
Facebookページ シール用ベローズ
Facebookページ   振動吸収・熱膨張吸収用ベローズ

ビジネスマッチングブログ BMB
大阪市きらめき企業会
















annaininbana





 





 

トラックバック一覧

コメント


嬉しいコメントを頂きました。

この記事は退職した社員の気持ちを思えばアップしようかだいぶ迷って記事をアップしました。でもアップしてよかったです。

こんなうれしいコメントを頂いたんで紹介いたします。

辛い記事でしたが、御社の社員さんであれば、きっと前向きに次のステップへ踏み出して下さるものと信じ、心からエールを送りたいと思います。


ありがとうございます。

Posted by 高嶋 博 at 2013/05/09 15:12:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

フレキシブルチューブ及びベローズの設計・製造 1980年 6月 日本水道協会検査工場に認定 2000年 2月 ISO9001認証取得 (認証機関 高圧ガス保安協会) 2005年12月 大阪市より溶接技能部門で大阪テクノマスターに認定...

詳細へ

個人プロフィール

1961年9月 測量士補試験合格1962年3月 上伊那農業高校林業科卒業1962年3月 パシフィィック航空測量㈱(現 ㈱パスコ)入社1966年5月 セントラル航空測量㈱入社1971年9月 測量士試験合格1976年5月 三元ラセン管工業(現 三元ラセン管工業㈱)入社 2000年1月 三元ラセン管工業株式会社 ...

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(4426)


バックナンバー

<<  2021年7月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック