大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


金属は曲げ繰り返し応力が行われると金属疲労を起こし最後には破断いたします。

投稿日時:2006/09/29(金) 16:04rss

破面の走査電子顕微鏡(SEM)観察
SEM観察
写真はSUS304フレキシブルチューブの取り付け時のミスによりチューブの
谷部に異常に応力が集中して破断したチューブ(板厚0.4ミリ)の断面を
走査電子顕微鏡(SEM)にて観察したものです。
外側から内側に向かって2箇所割れているのが見えます。

三元ラセン管工業では材料分析・試験・評価・調査等は住友金属テクノロジー
様に依頼してお客様にご満足いただける製品を提供しております。


高嶋 博@ベローズ案内人

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

フレキシブルチューブ及びベローズの設計・製造 1980年 6月 日本水道協会検査工場に認定 2000年 2月 ISO9001認証取得 (認証機関 高圧ガス保安協会) 2005年12月 大阪市より溶接技能部門で大阪テクノマスターに認定...

詳細へ

個人プロフィール

1961年9月 測量士補試験合格1962年3月 上伊那農業高校林業科卒業1962年3月 パシフィィック航空測量㈱(現 ㈱パスコ)入社1966年5月 セントラル航空測量㈱入社1971年9月 測量士試験合格1976年5月 三元ラセン管工業(現 三元ラセン管工業㈱)入社 2000年1月 三元ラセン管工業株式会社 ...

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(4396)


バックナンバー

<<  2021年6月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント一覧

最新トラックバック