大きくする 標準 小さくする
前ページ 次ページ

2020年04月22日(水)更新

なぜタンクの根元に金属製のフレキシブルチューブが使われるのか。

社内の若い人たちにタンクの根元に取り付けられているフレキシブルチューブの歴史について知ってもらおうと昨日テレワークで纏めたことをブログに書いてみました。

東京オリンピックが開催された56年前の昭和39年6月16日(1954年)、新潟で地震が発生し、タンクが倒れ143基の石油タンクが延焼、その後12日間火災が続いた歴史上最大の石油コンビナート災害でした。














当時のタンクの根元には、ほとんどゴムホースが使われていたため、火災発生でゴムホースが燃えて石油に火がつきタンク火災が発生し二次災害となりました。
ところが金属製のホースが取り付いていたタンクは被害が発生しなかったことから、消防法でタンク根元には金属製のホースを取り付けるようになりました。
















その後1981年(昭和56年)に消防法で基準が決められ現在の消防法評定品の基がきめられました。


液体の危険物を貯蔵または取り扱うタンクと配管の結合部には、地震対策用可撓継手を使用するよう義務づけられており、"消防危第20号"にてその可撓継手(かとうつぎて)の構造、性能について詳細規定されております。

















展示会情報
プラントショーOSAKA2020
期 日:7月29日~31日
会 場:インテックス大阪









ベローズ案内人の日記
従業員の奮闘日記は  >>>>>>>
三元ラセン管工業のメディア情報  >>>>>>>
Facebookページ ベローズ
Facebookページ 三元ラセン管工業
BMB
ベローズ
 

2020年04月21日(火)更新

捕らぬ狸の皮算用

今日は休みを頂いて家でブログを書いています。


30年以上前から、ある公益財団法人が、中小企業が開発した優れた製品を毎年表彰していて、いつか受賞できるような技術や製品を開発したいと思っていましたが、昨年これだったら受賞できると思い昨年の秋に応募しました。


主催者の関連の冊子にも紹介されたり、応募しなさいと後押しをしてくれる方などがいたりして、私もかなり自信があり、ひそかに受賞した時には副賞の賞金を社員に配ることができると、捕らぬ狸の皮算用をしていました。


先日その賞の発表があり結果は、製品が悪いわけではありませんが残念ながら入賞にはなりませんでしたと手紙が送られてきました。



ベローズの内面の写真ですが、これは応募製品ではありません。

























ベローズ案内人の日記
従業員の奮闘日記は  >>>>>>>
三元ラセン管工業のメディア情報  >>>>>>>
Facebookページ ベローズ
Facebookページ 三元ラセン管工業
BMB
ベローズ
 

2020年04月17日(金)更新

驚きの技術 インコネル625に彫刻(インコねる625)を製作

チタンやインコネル625材は切削加工が難しく、加工ができる加工屋さんは大阪でも数少ないです。

そんな中で、熟練の彫刻技術で金型製作や彫刻造形、文字彫刻などを行っている、大阪八尾の赤坂金型彫刻所がその難削材インコネル625(超耐熱合金)の刻印作りに挑戦し、加工技術を確立しました。



試作研究をしたいのでインコネルの端材があったら分けて欲しいということでお分けしたインコネル625材にインコが布団の中で寝ている、刻印インコねる625(笑)が出来上がったといって写真を送ってきました。



凄く綺麗に出来上がっていて芸術品です。
切削加工をしている方が見るときっと驚くと思うので、我社の展示会出展時には製品をお借りして紹介させて頂こうと思っております。












驚きました、三元ラセン管の名前も彫られています。  インコが布団に入って寝ています。
























ベローズ案内人の日記
従業員の奮闘日記は  >>>>>>>
三元ラセン管工業のメディア情報  >>>>>>>
Facebookページ ベローズ
Facebookページ 三元ラセン管工業
BMB
ベローズ
 

2020年04月16日(木)更新

日刊工業新聞に「若者が集う職場づくり」と紹介されました!

日刊工業新聞が連載企画「モノづくり」を1月から始めていて、月曜日は「NEXT STAGE」、火曜日は「調達 開発」、水曜日は「働き方」、木曜日は「製造」、金曜日は「販売 サービス」の事例紹介をしています。


その企画で2月初めに日刊工業新聞社から取材を頂いており、それが4月15日水曜日の「働き方」で、三元ラセン管工業が「働き方改革」若者が集う職場づくりと大きく取り上げて頂きました。


  こちらで詠むことができます >>> https://www.nikkan.co.jp/articles/view/555031


  








































ベローズ案内人の日記
従業員の奮闘日記は  >>>>>>>
三元ラセン管工業のメディア情報  >>>>>>>
Facebookページ ベローズ
Facebookページ 三元ラセン管工業
BMB
ベローズ
 

2020年04月03日(金)更新

難加工材のインコネルに、インコが寝ているイラストを彫る(インコ寝る)

ちょうど1年前に、新製品や新サービス・新事業の開発などを目的に日々研究をしている集まりの方たちが会社見学に来られ、その中に熟練の彫金技術と最新の金属加工技術を駆使し、金型製作や彫刻・造形を行っている方がおりました。

その時にベローズの材料の中で削り加工の大変難しい特殊材のインコネルの話になり、インコネルを使って刻印を製作すれば、その刻印を使用する場があるか解りませんが、加工技術が大きな話題になるという話になりました。


その方から先日、試作研究をしたいのでインコネルの端材があったら分けて欲しいと連絡を頂き、加工が非常に難しい材料ですが加工技術を是非完成させ、インコが寝ているイラストを彫った「インコ寝る」(笑)を完成させて我社の出展する展示会で展示紹介させてくださいと材料をお分けしました。




 1000℃の排ガスに対応するインコネル材を使ったベローズ 
 >>>>http://www.mitsumoto-bellows.co.jp/case/cat43/000929.html

















展示会情報
プラントショーOSAKA2020
期 日:7月29日~31日
会 場:インテックス大阪









ベローズ案内人の日記
従業員の奮闘日記は  >>>>>>>
三元ラセン管工業のメディア情報  >>>>>>>
Facebookページ ベローズ
Facebookページ 三元ラセン管工業
BMB
 

2020年03月31日(火)更新

やはりそうだった、横断歩道における車の一時停止率は長野が断然トップ

先日のこと、JAFが調べた各県別の「信号機のない横断歩道における車の一時停止率」が載っていて、2018年に田舎に帰った時「子供達ばかりでなく大人も素晴らしかった」というブログ記事を書いたことを思い出し、この記事を書きました。















信号機のない横断歩道における車の一時停止率は、全国平均が17,1%で、最低の三重県では3,4%なのに、なんと長野県は68,6%と断然トップでした。


大阪は、16,5%、信号のない横断歩道を渡ろうとするときには、車が通り越さないと人は横断することができません。
横断歩道でないところを横断する人も多い大阪ですが、車を運転している人も、歩行者もそれが普通だと思っています。
しかし道路交通法では「横断歩道における歩行者優先」を定めております。


長野県のドライバーが信号のない横断歩道で停止する理由は、県内の小中学校で100年以上前から続く全人教育(知識や技能だけでなく、心や人格を育てることを目指す取り組み)の影響が大きいそうです。


2018年4月の私のブログ記事 子供達ばかりでなく大人も素晴らしかった」
伊那市高遠町の子供たちは、田山花袋が訪れた時にたかとうは 山裾のまち 古きまち ゆきかふ 子等の うつくしきまちと読んでいるように、昔から知らない人たちにでもこんにちは!と笑顔で挨拶をします。

帰るたびに子供たちに会うと挨拶され気持ちがいいと思っていましたが、今回驚いたことがありました。

それは運転マナーです、帰っても車で移動していてゆっくり町の中を歩くことがなかったんですが、今回は花見の時期で遠い駐車場から歩くことが多く、信号のない横断歩道で車の通り過ぎるのを待ってから渡ろうとしていると、車が止まって渡らせてくれました。
たまたま親切な運転手と思っていると違う場所でも同じように車が止まって渡らせてくれました。













ベローズ案内人の日記
従業員の奮闘日記は  >>>>>>>
三元ラセン管工業のメディア情報  >>>>>>>
Facebookページ ベローズ
Facebookページ 三元ラセン管工業
BMB
 

2020年03月30日(月)更新

VISAカードを拾いました。

手紙を出そうとおもい郵便ポストに行くと、ポストの上に雨に濡れたカード入れが忘れられていました。
カード入れを開けてみると、VISAカードが入っていてビックリ、困っているかもしれないのですぐに警察に行き拾得物係に提出しました。


警察では中身の確認のために、私達の目の前でカード入れを開けると、VISAカードが1枚とお金が二千円、それと可愛い子供さんの写真が1枚入っていました。

警察から拾得者の権利はどうしますかという事でしたが、本人に渡ればそれでいいですからと、すべての権利は放棄しこちらの名前も相手に知らされないようにして頂きました。













ベローズ案内人の日記
従業員の奮闘日記は  >>>>>>>
三元ラセン管工業のメディア情報  >>>>>>>
Facebookページ ベローズ
Facebookページ 三元ラセン管工業
BMB
 

2020年03月25日(水)更新

オリンピック延期「東京ビックサイトはいつになったら使えるの?」

東京ビックサイトがオリンピックのためのメデイアセンターとして使用するため20ヶ月も東京ビックサイトが使用できなくなり200本以上の見本市が出来なくなってしまったりしたのに、東京オリンピックが延期と決まって東京ビックサイトはこのまま2022年の2月ぐらいまで使用できないんだろうか?


我社のような展示会で集客して新規開拓を行っている中小企業にとっては、大きな展示会がどこで行われるのか、できないのか来年の展示会出展がどうなるのか心配です。





















次回出展予定の展示会
プラントショーOSAKA2020
期 日:7月29日~31日
会 場:インテックス大阪








ベローズ案内人の日記
従業員の奮闘日記は  >>>>>>>
三元ラセン管工業のメディア情報  >>>>>>>
Facebookページ ベローズ
Facebookページ 三元ラセン管工業
BMB

2020年03月24日(火)更新

会長職になって2年が経ちました!

先代から引き継いだ、ものづくりを次の世代に伝える私の役目も無事に務めたので、社長職を辞して会長に就任し、役員も組織も若返り新たなスタートを切ってから2年が過ぎました。


この2年間、経営も順調で心配することもなかったのに、今年に入って新型コロナウイルスの感染拡大の影響で日本経済だけでなく世界経済が大変なことになり、いつ終息に向かうのか、このまま拡大していくのか一番の心配になってきました。













ベローズ案内人の日記
従業員の奮闘日記は  >>>>>>>
三元ラセン管工業のメディア情報  >>>>>>>
Facebookページ ベローズ
Facebookページ 三元ラセン管工業
BMB

2020年03月23日(月)更新

ブログを書き続けて15年

ブログというものがよく解らないまま2005年2月からブログを書き続けて15年が過ぎました。
このブログ「ベローズ案内人」は、2017年にサイトが終了(ベローズ案内人の日記に一部移行)して現在はありませんが、2006年3月27日から日本実業出版社の経営者会報ブログで「社長の日記」を書き始めて15年目に入ります。

初投稿2006年3月27日の記事 >>>>> https://mitsumoto-bellows.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=10000102


投稿数も今日のこの記事で4,060投稿になります。
書くことも話すことも苦手の私がよくここまで書き続けてきたと思います。

後期高齢者が、これからどれだけ書き続けられるか分かりませんが、できる限り書き続けようと思います。



Google検索 社長の日記で36.600,000件中1位




















ベローズ案内人の日記
従業員の奮闘日記は  >>>>>>>
三元ラセン管工業のメディア情報  >>>>>>>
Facebookページ ベローズ
Facebookページ 三元ラセン管工業
BMB
«前へ 次へ»

会社概要

フレキシブルチューブ及びベローズの設計・製造 1980年 6月 日本水道協会検査工場に認定 2000年 2月 ISO9001認証取得 (認証機関 高圧ガス保安協会) 2005年12月 大阪市より溶接技能部門で大阪テクノマスターに認定...

詳細へ

個人プロフィール

1944年1月生まれ長野県伊那市三元ラセン管工業株式会社 代表取締役ブログ「ベローズ案内人」 運営

詳細へ

バックナンバー

<<  2020年7月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

コメント一覧

最新トラックバック

  • 大阪日日新聞に我社のゲンバ女子が紹介されていました! from 三元ラセン管工業株式会社 ベローズ案内人高嶋博 「会長の日記」
  • 毎日放送のNewsミントでベローズが from 新着情報
    インテックス大阪で、11月6日から8日まで開催された「中小企業新ものづくり・新サービス展」の様子を毎日放送が夕方の番組Newsミントで紹介しました。その中で三元ラセン管工業のベローズも紹介されました >>>>> https://mitsumoto-bellows.keikai.topblog.jp/blog_detail/&blog_id=6&id=3039...
  • 中小企業の「働き方改革」取組事例集に紹介していただきました。 from 新着情報
    働き方改革関連法案が成立し、2019年4月から順次施行されています。そこで厚生労働省大阪労働局が大阪府内で「働き方改革」に取り組んでいる中小企業23社の事例を取り上げ、中小企業の「働き方改革」取組事例集(A4で55ページ)を発行しました。その事例集の1番目にわが社の「時間外労働の削減」の取組が紹介されました。各種のセミナーやハローワークなどで配布するそうです。...
  • 「中小企業新ものづくり・新サービス展」は来週の6日からです。 from 新着情報
    全国中小企業団体中央会が主催する、ものづくり補助事業展示商談会「中小企業新ものづくり・新サービス展」がインテックス大阪6号館 A・Bゾーンで開催されます。三元らせん管工業は6号館Bゾーン H145に補助事業で開発したベローズを出展いたします。特別展示の高さ 4.5 メートルの巨大ロボット「アイアン・グローリー」の隣です。「中小企業 新ものづくり・新サービス展」会 期:11月6日~8日会 場 :インテックス大阪 6号館 Bゾーン H145昨年の様子...
  • 品質管理活動で認定書を頂きました。 from お客様の声
    長年取引を頂いているF社の品質保証チームから、日常の取引や工場監査において品質管理活動が充分管理監督できる取引先として認定書を頂きました。...