大きくする 標準 小さくする
次ページ

2021年07月18日(日)更新

接種会場にフレキシブルチューブが

2回目のワクチン接種に保健センターまで行ってきました。













午後一番なので駐車場もガラガラ、受付待ちのテント内も数人が待っているだけでした、受付時間も15分刻みなのでテント外で待つ人も少なくスムーズに接種が行われていました。

注射も1回目はチクリともしなかったのに2回目はちょっと痛かったですね。しかし接種後は腕も痛くなく熱も出でなく一安心ですが、心配性の妻は熱は出ていないけれど腕が痛いし大丈夫だろうか心配しています。



テントの柱の下に雨漏りを受け入れるバケツが置かれていたんですが、バケツに穴をあけて、水抜け洋にフレキシブルチューブが取り付けられていて思わずスマホで写真を。
















   



2021年07月12日(月)更新

真逆の発想エキセントリックトレーニング

先日NHKテレビ「ガッテン」を観ていると、筋力・血圧・中性脂肪の逆に潜む驚きの健康パワー、逆トレーニングを放送していました。
ベンチプレスでバーベルを上げないで、バーベルを胸に向けて下す方が楽に筋力を鍛えることが出来る真逆のトレーニングの紹介をしていました。

階段を上るより降りる方が体力を消費しないで効果だ大きいと、階段を上って帰りはエレベーターで降りる人と、エレベーターで上がって階段を下りてくる、これを繰り返して、成果を測ると上るより降りる方が体力を消費しないで効果がおおきいと言っていました。

従来のトレーニングをコンセントリックトレーニングといい、真逆の発想ということでエキセントリックトレーニングというそうです。



ところが翌日、工場を回ると管継手のコンセントリックレジューサー(同心)をフレキシブルチューブに溶接する作業をしていて、エキセントリックトレーニングのことが頭に浮かびブログに書いてみました。













継手、エキセントリックレジューサー(偏心)をフレキシブルチューブに取りつけたり、エキセントリックレジューサーを使った配管部品を作ったりすることもあります。
   
   













   



2021年07月07日(水)更新

1年ぶりの関西医科大学病院

病気と25年近く付き合っていて毎年この七夕の時期に枚方市にある関西医科大学枚方病院にMRIの検査と診察を受けています。










最近少し痛みがきつくなってきたので、病気が進行しているか心配していたんですが、ここ2~3年変わりがないが古い手術のあとが神経に触っているからだと思うということで半年後にもう一度検査を受けることにして帰ってきました。
昨日を使いすぎて運がなくなっているかもしれないと思いましたが運がまだ残っていました。

若い時には病院など無縁で、健康だけは自信がありますと言って結婚した私がもう20年以上も病気と付き合っていて治る病気ではないので妻には心配をかけ続けているので直ぐに結果を連絡しました。




毎年この時期には,京阪枚方市駅のコンコースには「ひらかた市民菊人形の会」が七夕人形を展示し、笹の葉が飾られて願いが短冊に沢山書かれていたのに、今年はコロナの影響で飾られていませんでした。
その代わり京橋駅のコンコースに手の届かない高いところに笹の葉と短冊が飾られていました。














   



2021年06月26日(土)更新

ワクチン予約がなぜかキャンセルで2週間も遅れて1回目の接種

罹りつけのクリニックで6月14日で予約が取れていたはずのワクチン予約が、保健センターに聞くとなぜかキャンセルになっていてシステムの不具合みたいで気分が悪かったんですが、保健センターから26日に空きがあるので予約しますかと電話が掛かってきて12日も遅れたんですが保健センターの方の対応がよく気持ちよく今日まで待っていました。


 予約時間は午後1番だったので駐車場が空きがないといけないと早めに妻と二人で接種場に行くと一人も待っている人がいなく1番で時間が来るまで待つことに。
 今回も予約がキャンセルになっていたらどうしようと心の中で思いながら待っていました。

 受付時間前に掛かりの方が来たので、予約なっているか尋ねると親切に調べてくれ時間前から体温測定と受付をしてくれ時間までお待ちくださいと嬉しい対応をしてくれました。





診察の先生も看護師さんもやさしい対応で緊張も取れ、痛いと思っていた注射も全く痛くもなく、無事に第1回目の接種をしてきました。







   





三元ラセン管工業のメディア情報  >>>>>>>
Facebookページ ベローズ
Facebookページ 三元ラセン管工
BMB

2021年06月15日(火)更新

1回目のワクチン接種予約がキャンセルになっていて2週間後に

我が家の近くのかかりつけのクリニックで1回目のコロナ予防接種を受けに行くと、接種予定に入っていないと言われてしまいました。


75歳以上の予約が5月20日の正午予約スタート、そこで私の予約を3人で、私とお嫁さんがインターネットで、妻が電話で申し込みインターネットの二人が5分ほどで予約が取れ、お嫁さんが予約したのをキャンセル。
小さなクリニックなので6月1日から接種なのに2週間も先の14日でした。


予約日の14日接種に行くと接種予定になっていないと言われ、保健センターに問い合わせていただくと予約がキャンセルされているので再度予約をしてくださいと言う返事でした。
キャンセルしたページが残って予約をした私のページが消えてしまっていました。
もしかして妻の予約も同じことになっているかもしれないので確認したほうがいいですよと言われ家に帰って確認すると同じようにキャンセルに。

仕方ない大阪府の大規模接種場を予約しようと思っていると保健センターより電話がかかってきて空きがあるので予約しますかと連絡を頂き妻と同じ日に2週間遅れて(妻は早くなりましたが)しまいましたが予約が取れました。


はじめはキャンセルになってしまっていて気分が悪かったんですが、保健センターの方の対応がよく予約もとれ気持ちも晴2週間後の接種を待ちます。







    




2021年05月20日(木)更新

接種券が届きました!

新型コロナワクチンの75歳以上の接種券が1日遅れで昨日届きました。

接種券が届いたらすぐに予約ができますと書いてあったので、妻が私に代わって電話ですぐに申し込みをしてくれたみたいです。
すぐには繋がらなかったんですが4回ほど電話をかけていると繋がり1回目の予約(これは85歳以上のあまり分)は完了しているんですが、キャンセルがあるか調べてあげますと言って、希望の医療機関を二か所伝えると親切に調べてくれたそうです。

しかしキャンセルはなく20日の正午から予約をしてくださいという事でした。

そこで妻が電話で、お嫁さんも忙しい中を家にわざわざ来てラインを使って二人で予約をしてくれるそうです。
予約できればありがたいです。 家族に感謝です。















   





2021年05月02日(日)更新

静かなゴールデンウイーク

例年だとこのゴールデンウイークはかならず信州で過ごしているのに、コロナでもう1年半ちかく信州に帰っていません。

夕方運動不足解消に散歩に出てみると、小学校もいつもと違い野球の練習もなく静かで、道路では誰一人とも会わず、信州のこの時期ぐらい冷たい風が吹き代掻き(しろかき)が終わった田んぼに水が張られていて信州に帰っているような感じのゴールデンウイークです。
























散歩から帰ってくると、我が家の墓がある信州のゴルフ寺と言われる弘妙寺の祈願に訪れる上田桃子プロが久しぶりに優勝していました。














   





 

2021年04月28日(水)更新

PCR検査を受けました。

朝起きて体温、血圧の測定をこの1年間毎日続けていて、日曜日の朝、いつものように体温を測ると37.7℃ビックリしてしまいました。

測り方が悪いかもしれないと再度測定すると37.8℃、体温計が悪いかも?昔の水銀体温計を出してきて測ると37℃なので一日布団の中で休むことにしました。

妻が体温計の電池が悪いかもしれないと薬局に行って替えてきたので、また計ってみると38,8度に、とうとうコロナに罹ってしまったのか。
土曜日もどこにも出かけずにいて、この1年間、外で食事もしたこともないのに、マスク、手洗い、消毒と気を使ってきたのにどうして?
77歳私の命もここまでかと思ったり、しかしこの歳でこの高熱で、しんどくもなく、食欲もありこんな症状のコロナもあるんだろうか、きっとコロナではないと思う気持ちでPCR検査をしてはっきりさせようと保健所に問い合わすとかかりつけの医者に問い合わせてくださいとのことでした。

マスクをしてトイレも妻は1階、私は2階と分けて使い、寝室も別にして月曜日まで待つことにしました。
何回も検温しているうちに36.8℃に下がってきて、朝は36.5℃まで下がっていました。

体温は下がっていても会社には行けない。
社員に不安を持たせないようにちゃんとコロナでないと証明できないといけないと思い、かかりつけの医院に行くと前日に37℃をこえていたというと診察はできませんと話もきいてもらえず、以前お世話になった徳洲会病院に行き検査を受けたいと言うと、すぐに受け付けてくれ1時間ほどで検査も支払いもすべて終わり、夕方の連絡をお待ちくださいとのことでした。

病院から連絡があれば陰性、保健所からだと陽性ということで病院からの連絡を待っていました。

6時過ぎに病院から陰性でしたと連絡が入り妻と大喜び、後しばらくはこの命大事にします。

心配をさせたみんなにありがとうです。








   




2021年04月08日(木)更新

救急車で運ばれコロナが怖く無理やり退院して1年が経ちました。

先代の家の庭に水を撒きに行って庭石に躓いて転倒、体をかばって左手で全体重を支えて左肩を大脱臼したのが1年前の4月5日、日曜日の朝でした。

痛みを我慢して這うように家に帰り横になろうとしても痛くて横にもなれない、妻があわてて子供たちに連絡すると、転んだが、コロナと聞こえ慌てて跳んできました。
救急車を呼んで病院に、コロナが流行りだした時で近くの大きな病院は受入してくれなく遠くの汚い病院に運び込まれてしまいました。

麻酔で知らない間に脱臼は治して頂き入院、コロナで家族の面会もできない、病室にはマスクもしない同じ年ぐらいの人たちが先生に注意されてもあちこちウロウロしていて、コロナに罹ってしまいそうな不安で、近くの病院でリハビリを受けるからと左腕も指も動かない状態で退院しました。

このままでは運転もできない、左腕に障害が出るかもしれないと思い、関西医大の整形で長年お世話になっている先生に相談したところ肩の専門ではないけれど診てあげるから来なさいという事で診察していただき神経科の先生に診ていただくと、気長にリハビリをすれば元通りに回復すると言われ必死でリハビリし、おかげで家族と社員には迷惑をかけてしまいましたが半年で完全回復しました。













 

2021年03月18日(木)更新

勤トレ

実は今、仕事しながら筋トレ中。


コロナウイルス感染拡大で、「テレワーク」「在宅勤務」「リモートワーク」という働き方で運動不足になりがち、そこで健康の為に仕事をしながら運動不足を解消をと、全国健康保険協会大阪支部からポスターが送られてきました。

座ったまま片足を浮かせて、そのまま15秒キープ。
自然と背筋がピンと伸び下腹部の筋肉に適度な負荷を与えるとのことです。






















    







 
次へ»

会社概要

フレキシブルチューブ及びベローズの設計・製造 1980年 6月 日本水道協会検査工場に認定 2000年 2月 ISO9001認証取得 (認証機関 高圧ガス保安協会) 2005年12月 大阪市より溶接技能部門で大阪テクノマスターに認定...

詳細へ

個人プロフィール

1961年9月 測量士補試験合格1962年3月 上伊那農業高校林業科卒業1962年3月 パシフィィック航空測量㈱(現 ㈱パスコ)入社1966年5月 セントラル航空測量㈱入社1971年9月 測量士試験合格1976年5月 三元ラセン管工業(現 三元ラセン管工業㈱)入社 2000年1月 三元ラセン管工業株式会社 ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2021年8月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧

最新トラックバック